時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 理想と現実の葛藤

<<   作成日時 : 2018/01/30 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



日々好日


最近の3日間、次年度の教材展示会にオジャマしてきました。
画像


画像


画像




そこでのTOPIXは


小学生英語

です。



次年度から5・6年生で正式な教科として取り上げられることになってます。


ちなみに、3・4年生から「外国語活動」として実施することも決まっております。




「以前から小学校で英語やってるじゃん。」



とおっしゃる方もいるでしょう。



しかしながら、今までは5・6年生で「外国語活動」という扱いで行っていたんですよ。



さて、、、


なにが大きく変わるかと言うと・・・・


先般から何度か言及している通り、大学入試が変わります。


その中で一番の目玉は


英語の4技能を問う


ということ。




これに伴い、高校・中学、そして小学校でも変化を余儀なくされるということなんです。



具体的に言うと・・・・


今まではお遊びの延長のようなチイチイパッパ的な英語活動ではなく
画像


・小学生の間に約700単語を覚えましょう。

・それも「読めて」「意味が分かって」「書ける」ようになりましょう。


ということになるんです。




もっとわかりやすく言えば


英会話のようなものから、もっと難易度が上がるということなんですね。
※子供はもっとノビノビ育てりゃいいんですけどねぇ・・・


そうなるとどうなるか・・・・


つまり、よくある習い事の「英会話教室」で習うことでは不足してしまうということなんです。




僕個人は英語自体には重きを置いておりません。


中学校から学習しても十分やれると思ってます。



むしろ、小学校では国語をしっかりすべきだと思っています。
※我々の思考の根本は日本語でなされているからです。



それでも、文科省のおエライさんが決めたことなので、やらないわけにはいかんのです。



例え、間違っていたとしても決まり事ですから。(T_T)
画像

※みーんな悩んで大きくなった!!のアレですよ。w


そんな中で


如何にすべきか?



こればっかり考えている今日この頃です。



座したまま考えるのではなく、走りながら考える。


そうしなければ後塵を拝すことになりますから。(^_^;)




スパイクプラスはどんな状況にあっても最善の策を考えて実行してまいります。


走りながら微調整もするかもしれませんが・・・・(;^_^A




大局と局地



どちらも疎かにしないように進んでいきますので


ご安心してお預けください。( ^ω^ )



今日はこんな具合で。


それではまたお会いしましょう。(*・∀・)ノ゛








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理想と現実の葛藤 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる