時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 私立入試後のそれぞれ

<<   作成日時 : 2018/02/01 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

お日様が久しぶりに機嫌よく出てきてくれました。

今日は私立高校の一般試験。

猛烈な吹雪などに見舞われずにほっと一安心。

受験生の面々、しっかり自分のベストを尽くしてきたに違いありません。


大事な1日であったことは間違いありませんが、ここで一休みする時間はありません。

公立高校受験者は、歩みを止めることなく、次に進んで行かねばなりません。

画像


画像


今日の試験問題をすぐに振り返りつつ、皆一生懸命に公立高校対策に移行しておりました。

大変けっこうなことです。



一足先に進学先が決定した生徒は、高校内容の先取りに移っております。

画像



今日は石川高専へ進学が決まった生徒の数学の授業。

高専生も、入学の準備に余念がありません。


入学後は、当然のように彼らは1年生から専門科目を学びます。

私が大学1年生の頃に学んだ「電気回路」なんて、彼らは高校1年生の時にやるわけです。

数学も数TAだけでなく、数UB、数Vの内容もすぐに必要になってきます。

普通科の生徒が数UBの教科書を手に取る時期よりも随分早く、彼らはより高度な数学に触れることになります。

自由な校風であることの傍らで、容赦なく留年のプレッシャーがかかるのも高専の特徴。


進路先を勝ち取った彼らもまた、他の受験生同様、真剣に自分の将来と向き合って動き始めております。



中学3年生には、受験が終了してからすぐに次に動き始めることをお勧めしております。

4月からの新生活は、多忙を極めることでしょう。

新しい環境で学ぶ新しい学問、新しい友達がたくさんできて、新しい部活も始まる。

あんなに忙しかった中学3年生の勉強よりも、高校1年生の方がたくさん勉強するわけです。

しかも、部活もしながら、遠くの学校に通いながら、です。


憧れの高校の進学を決めておきながら、

「こんなハズじゃなかった」

とならないように、しっかり準備して臨ませます。


特に3月。

ここが1番心にも時間にも余裕がありますから、高校の勉強の1番の頑張りどころ。

始まってから、では苦しくなる可能性が高まります。

始まる前に、自分に負荷をかけていきましょう。

たまには友達と目一杯遊びながら、たまには家族でゆっくり過ごしながら、高校の予習も頑張ってもらいます。



おそらく、まだ公立受験を控えている受験生は、目の前の決戦のことで頭が一杯です。

終わった瞬間に、全ての学習が終了したかのように燃え尽きてしまう生徒も少なくありません。

ここは、既に受験を経験した先輩が、しっかり声をかけてあげる必要があると思います。


あくまで入試は通過点。

合格したから○、不合格だから×、なんていう単純なゲームでは、決してありません。

その先にある道から決して目を背けずに、歩み続けて欲しいと願います。


「受験が終わったら何もせずに遊んでいいよ。」


なんて、大人は絶対に口にしちゃいけない言葉だと思っています。


「受験が終わったら、高校の勉強で遊ぼうぜ。」


こっちがいいです♪



私立入試が終わりました。

受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

大切なのはいつだって「これから」、ですからね、気を緩めずに、次に向かって再始動しましょう。

西野でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私立入試後のそれぞれ 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる