時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 恵みの雨

<<   作成日時 : 2018/02/10 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


朝を迎えました。

昨晩は家へ帰るのを断念し、キャンプ気分で塾に泊まらせてもらいました。


どこでもグッスリ眠れるのも特技なワタクシ、寝袋にくるまって8時間も休んでしまいました。

ゆっくり起きて、駐車場の雪を少しだけかきわけていると、ポツポツと雨が降り始めてきました。


昨日は、車道の整備が追いついていないなどと、批判めいた投稿をしてしまいましたが、県内各地では命がけで排雪作業に臨んでいる方々がいらっしゃいます。

駐車場で雪すかしをしている途中、何台も何台も、たくさんの雪を積んだトラックが走っていくのを見ました。

大変恥ずかしい気持ちと、感謝の気持ちが込み上げてきました。

自分ではない誰かの頑張りに助けられて生きていられることを、決して忘れてはいけないですね。



受験指導なんかをしていると、たまにそんなことで悩むことがあります。

自分の頑張りは、いったい何を助けているのだろう、って。

まさか、テストで点数を取らせるためだけの仕事だとしたら、それは悲しすぎる・・・。



色々と考えて、昨日の中3の数学の授業の冒頭、少し理科の話をさせてもらいました。

テーマは、「大雪のため、車の中に閉じ込められた際、何をするべきか」。


この大雪のため、大変心を痛める事故が多数起こっています。

せめて車のマフラー付近だけでも雪を掻き分けられていたら・・・。

せめて1時間ごとに窓をあけて換気ができていたら・・・。


いつ何時、何が起こるか分かりません。

かつて日本を襲った大地震の数々も、全てが予期せぬ出来事だったことを忘れてはいけません。


中3生たちは、いつも以上に真剣に話を聞いてくれていました。

彼らは、排気ガスに一酸化炭素という有害な気体が含まれていることを知っています。

また、血液中の赤血球に、ヘモグロビンという酸素を運ぶ働きをもつ色素があることも知っています。


昨日は、「ヘモグロビンは、酸素の250倍ほど一酸化炭素と結びつきやすい」、ということを教えました。

だから、酸素がたくさんあるところでも、わずかな一酸化炭素で酸欠状態になるんだ、と。

これは入試では問われない知識。

ですが、彼らは真剣に耳を傾けてくれていました。


点数を取るためだけの勉強なんて、いつ忘れて構いません。

しかし、生きるための勉強は、いつまでも忘れずにいて欲しいと願います。

彼らが子どもを持つ親になったとき、子ども達の命を守れるように、つないでいって欲しいと強く願います。



早速一人、中3生が自習に来校しました。


「道路どうやった!?」


聞いてみると、


「今日はすごくキレイになっていました!」


と、元気な返事♪

今日はしっかり、自宅へ帰ります。


除雪作業に携わっている皆様、地域住民の一人として、心より御礼申し上げます。

さ、私も微力ながら、今日の授業も頑張って参ります!!

西野でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恵みの雨 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる