時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS log55

<<   作成日時 : 2018/02/12 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「先生!『log55』って『3』ですか?それとも『4』ですか?」


日曜日の穏やかなお昼頃。

ある生徒から、教室でこんな質問を受けました。


「どしたの急に(笑)?」


思わず聞き返してしまいました。



質問してきた生徒は、中学3年生。

質問の内容は、高校生が学ぶものでございます。


というか、「log55」は「log55」です。

「3」でも「4」でもありません。

ちょっと質問の意図が分からずに、


「どういうこと??」


と、逆質問(笑)。


すると、


「8番ラーメンに、こんな時計があったんですよ!!」

と、こんなようなイラストを描いて見せてくれました。



画像



ほう・・・。

これは面白い!!



数学好きにはたまらないデザインですな。


受験勉強に忙しい中3生ですが、ここは意味のある寄り道(笑)。


tan45°=1 になる理由、ついでにsinとcos。

g≒10 になる理由、ついでに加速度とは何か?中学物理と高校物理の違いについて。

そして、一番の疑問である、log55≒4 になる理由。

全て説明させて頂きました^^v



logの問題の説明は、自然対数e(e≒2.718)を紹介するところから始まりました。

また、

log28 = 3 (「2」を「3」回かけたら「8」)

log381 = 4 (「3」を「4」回かけたら「81」)

なんていう例題も紹介しました。

また、

「自然対数eを底にするときは、特別に省略できるんだよ。

だから、log55は、loge55ってこと。

つまり・・・」


ここまで言えば、私の役割は終了。


「『2.718』を『4』回かければ、だいたい『55』ってことですね!!」


そうそう、ちゃんと納得してくれたみたいです♪


謎が解けたときのスッキリした笑顔で、受験勉強に戻っていきました。



こういう生徒は、安心して見ていられます。

勉強を、楽しんでいるから。

おそらく、周りの権力のある大人が、勉強を強要し過ぎていないからだろうと思います。


生徒に聞いてみると、

「親も、

『gは9.8やからな〜。たぶん、だいたい10ってことでいいんじゃないかな〜?』

って、言ってました!」


それを聞いて、更に一安心。

子どもと同じ目線で、「こうじゃないかなー、ああじゃないかなー」って、大人の大事な役割なわけです。


「こんなことも分からないの!?」

では、心を閉ざしてしまう可能性が高くなりますし、


「こんなん私は分からんから、先生に聞いてきまっし」

だけでは、考えることをやめてしまう可能性が高い。

探求心も薄れますし、結果、先生に質問する気すらなくなるかも知れません。


「こうじゃないかなー、ああじゃないかなー、いやでも分からんなー。

もし分かったら教えてやー。」


これこそ、身近な大人が果たす役割じゃないかなーと思うわけです。


もしかしたら、この生徒は家へ帰って、親御さんに「log55」が「4」になる理由を説明しているかも知れませんね。

そりゃ、数学が得意になりますわ♪

間違いなく高校受験にゃ必要ありませんが、そんなことより遥かに大切なこと。


「そんなバカなことやってないで、受験勉強しなさい!!」


なんて、絶対に言っちゃダメですよね。




そう言えば・・・。

幼い頃の自分に、ばあちゃんは


「今日は学校でどんなことを習ったの?」


なんて、よく問いかけてくれていました。

得意げに習いたての漢字や計算を披露すると、


「すごいねー。また新しいこと習ったら、ばあちゃんにも教えてねーー。」


なんて言われて、大変誇らしい気分になったことを思い出します。

ばあちゃんに教えたことは大したことないものばかりでしたが、ばあちゃんに教えられたことはもの凄く大切なことだったと振り返ります。



塾の先生としての生き方、もしかするとあれが原点だったのかも知れないなー・・・。

生徒の親御さんと、天国のばあちゃんと、8番ラーメンに感謝!

西野でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
log55 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる