時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 基礎練習を積め。

<<   作成日時 : 2018/05/27 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ドリブルをするとき、ボールを強くつくことです。」



あるインタビューで、こんな発言をした選手がいます。

画像


私の大好きな、バスケの田臥選手です。


僕らの世代にとって、能代工業の田臥と言えば永遠のスーパースター。

全国大会なんかはビデオで何回も見て、トリッキーなプレイを見よう見真似で遊んでいたのは僕だけでないハズです。

ダブルクラッチとよばれる、空中でボールを持ちかえてシュートを放つプレイや、味方を見ずに鋭くノールックパスを送る姿は、当時のバスケットプレイヤーの多くを魅了しました。


そんな彼に、ある質問が飛んだのです。


「バスケットボールが上手くなるための秘訣は何ですか?」


それに対する答えが、冒頭のセリフです。



ドリブルをするとき、ボールを強くつく。

これは、初めてバスケットボールを習うときに教わる基本中の基本。

変幻自在のプレーを見せていた田臥選手は、「基本こそが大事」と言ったわけです。


実際に、当時の能代工業の練習を拝見したことがあります。

とにかく、基礎練習の量がハンパない。

とにかく走る。

しつこくルーズボールに食らいつく。

田臥選手だけでなく、他の一流選手たちも泥くさいプレーを必死にやっているのが印象的でした。

パス練習も、シュート練習も、守備のフォーメーションの練習も、全てにおいて基礎を重視している。

基礎がしっかりした選手たちばかりだから、試合ではたくさんの創造力溢れるプレーを魅せてくれたんだと思います。



「ドリブルをするとき、ボールを強くつくことです。」


その言葉を聞いたとき、背筋がゾクっとしました。

自分に足りないところを指摘された気がして、恥ずかしい気持ちにもなりました。




時が経ち、私は学習塾の先生になりました。


「勉強を得意になるための秘訣は何ですか?」


もしもそんな風に聞かれたときの答えは、しっかり用意してあります。



こんな生徒は要注意だと思っています。


「何でこんな簡単な問題ばかりやらんなんのー?」


とか、


「基礎問題ばかり解いても意味なくない?」


とか、そんなことを言う生徒です。

中途半端にデキる生徒ほど、そんなことを言います。



そんなとき、能代工業の練習風景を思い出すわけです。

彼らは決して


「こんな基礎練習ばかり、意味ないんじゃないですか?」


なんて言わなかったことでしょう。



基礎練習の積み重ねが、本当の実力を育む。

その実感がある選手は、基礎練習をおろそかになど、絶対にしません。

どんな一流プレーヤーでも、というより、一流プレーヤーだからこそ、基礎的な練習を欠かさないのです。

画像




これは、学習でも同様。


「こんな問題楽勝やー、なんでやらんなんのやろーーダリーなーー」


なんて生徒より、


「一見カンタンそうに見える問題でも、気を抜かずにしっかり集中して解こう。」


という生徒の方が、ステキに映ります。



点数が取れれば何でもいい、勝てば何でもいい、なんてことを、生徒らに教えるつもりは毛頭ありません。

どうやって点数を取るか、どうやって勝つか、どういう姿勢で勉強に臨むか、そんなことを考える過程で、どう生きるかを学んで欲しいと思っています。



指導者の資質が問われる昨今、否が応でも日ごろの自分の指導を見つめ直すことが増えてきました。



子どもらには、将来立派な大人になって欲しいと心から願います。

立派とは、決して地位や名誉があることを指す言葉ではありません。

他者に敬意を払い、他者と理解し合い、他者と共存できる人のことを、立派と呼ぶべきです。



カンタンな問題にも、敬意を。もちろん、難しい問題にも、敬意を。

馬鹿にすること、軽んずることは、おおよそ認めたくありません。

一つの問題を軽視するということは、一人の他者を軽んずることに似ています。

それは、おおよそ立派な行為とはいえないでしょう。

一問一問に向き合う姿勢が将来の自分の姿勢を作っていくのだから、安易に手を抜いたりしてはなりません。

解ける・解けない、だけの問題ではないのです。



「誰でも解けるような問題を、誰にも解けないくらいの量を解くことです。」

「目の前の問題に、敬意を払うことです。」


勉強の秘訣は、生き方の秘訣だと信じている、西野でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基礎練習を積め。 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる