時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚きの事実

<<   作成日時 : 2018/05/29 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日々好日


2日続けての私事で申し訳ありませんが、ウチの坊主、無事にアメリカの地を踏んだとのこと。



高校の修学旅行で台湾に行ったことがあるくらいで、個人での外国への渡航は初めての坊主。


僕が思っていたよりも緊張したらしいです。w



アメリカに着き、初日はホテル滞在なのですが、親バカですね。(苦笑)


初日のホテルは餞として僕がプレゼントしましたよ。


翌日に現地のエージェントと空港で落ち合い、学生寮まで行くということで空港近くのココを
画像


これには理由がありまして、、、


僕自身が大学に合格して、東京での生活を始める際に親父にアパートを決められたのですが、、、


それが見事なオンボロアパート。(;^_^A


東京での生活を暗い気持ちでスタートしたことを思い出します。




そのような思いをさせないために、少々気を利かせたんですよ。




それはさておき、アメリカについて早々に送ってもらわないといけない書類がありまして、その手配をしないことにはゆっくり休むわけにはいきません。


そこで、ホテルに入って荷下ろししたところでLINE通話ですよ。(国際電話の馬鹿高い料金を払わなくても電話できるとはイイ世の中になったもんだ。)


アメリカからの荷物を送るときはかなり高額になります。


それでも比較的安価に送るための方法としていくつかを紹介しましょう。


国際郵便を送る方法は、基本的に
 @First-Class Mail International
 APriority Mail International
 BPriority Mail Express International
 CGlobal Express Guaranteedの4つがあります。
こまごまとした違いはありますが、簡単に説明すると@が安いけれど日数がかかり、ABCと徐々に価格が高くなりますが、到着所要日数が短くなります。



今回のケースでは書類、なおかつ結構急ぎと言うこともありBを選択し、渡航前に坊主に指示。
画像

※こんなケースに入れて送ります。


で、実行させるにあたり、地理に不案内ですから電話にてこう指示しました。


「コンシェルジェ捕まえて郵便の手配してもらえ。」




で、、、


坊主からの報告は

FedExを進められたのでそうした。」とのこと
画像




僕はこう聞きました。

「で、ナンボ?」


坊主曰く

「あ、聞くの忘れた。」


(゜Д゜) ハァ??



確かに英語はそこそこ話せるとはいえ、交渉などはしたことはないですから、コンシェルジェに推されれば「No!!」とは言えなかったのかもしれません。


でも、費用を聞かないってアリエナイでしょ。(- -;)



あとから約¥10000ほどと判明しましたが、、、、




「だから、父ちゃんは前もって調べて『これで送れ。』って言ったんだよ!!」(-_-メ)





そこそこ頭の回るヤツだと思っていましたが、よくよく考えれば自分一人で調べて、行動するってことが不足してたのではないかと反省しきりです。



子供に任せてたら時間がかかる。

ミスが多い。

失敗して損する。



このように考えて、『させない。』ことはよくないです。



失敗しても仕方がないじゃないですか、子供なんですから。(苦笑)



そんな基本的なことを忘れていたようです。




親バカ
にしろ、「面倒なので。」にしろ、


やらねばならぬこと
やらなきゃダメなんですよ!!




今回は身をもって経験したので、お知らせいたします。(T_T)




ってことで、、、




それではまた(*・∀・)ノ゛







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚きの事実 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる