時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「余計」は大切

<<   作成日時 : 2018/05/09 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



日々好日


以前にも書きましたが、小学生への教育がスカスカになってきてます。


低学年で理科・社会が合体して「生活科」となっていますが、その理由が


「理屈を教えるには早すぎる。」
とのこと。



はぁ?
画像




あのね、、、子どもの可能性を考えるならまだしも、芽を摘むようなことをしてどうするんですかね?



確かに、学校で教えるときに「理解できない子」に理解させることは大切でしょう。


しかしながら、理解出来ていて、「もっともっと」と求めている子たちを無視することは肯定できません。



全体を均等にすることで全体の質が落ちることは容認できません。




子どもたちに負荷をかけることは決して悪いことだけではないのです。


その負荷に慣れ、それが当然のようになれば、更なるステップアップができるのですから。(*^-^*)




小学生の授業をした際に語彙の少なさにビックリしました。


それが文章の要約をする際に必要不可欠な知識であることはわかりきったことです。


そんな「語彙」ですが、単純に「覚える」だけのことなのに、それをしない(させない)。



こんな状態でも「知識は不要」なんてことを言いますか?




間違いなく「知識」は必要です。


その点を勘違いなさらないように、お願いいたします。



子供の将来のために(*^_^*)




以上



それでは、また。(*・∀・)ノ゛



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「余計」は大切 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる