時事放談2

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦前夜

<<   作成日時 : 2019/01/31 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ明日は私立高校の入試。

私立高校を第一志望にしている生徒にとっては、明日が最終決戦の日ということになります。

画像



いつもは夜遅くまで残っている中3生達も、今日ばかりは早めに帰って明日にそなえておりました。

センター試験が終わり、錦丘中学の試験が終わり、これから私立高校・私立大学・公立高校・国公立大学と、次から次へと試験が続いていきます。


月並みな言葉ではありますが、皆、

悔いのないように、

頑張ってきて欲しいと願います。


今日は一人、一足先に進学を決めた生徒が、卒業していきました。

中学のときから通っていた生徒で、私自身は高校1年生のときから授業を担当していた生徒です。


悔いのないように、


自分自身で進路先を定め、見事に第一志望校の合格を勝ち取ってきました。



順風満帆ではありませんでした。

滑り止めのつもりで受けた他の学校では、まさかの不合格通知を受け取ることになります。

きっと、本人も、親御さんも、気が気でなかったでしょう。

私自身も、

「まさか・・・」

と、その知らせを驚いて受け止めておりました。



立派だったのは、彼自身が、きちんと不合格になった理由を分析し、すぐに軌道修正したこと。

お母さんも、変わらず応援し続けてくれたことが、大きかった。


追い詰められた状況での受験は、滑り止めの学校よりもはるかに緊張したでしょうが、しっかりと結果を残してきました。

ずいぶんと、たくましくなったものです。



彼にもそうですが、他の全ての受験生らにも、最後の最後は、何も教えることができません。

毎日静かに、塾に来て、自分の勉強を進める。

ただただ、生徒らが孤独に戦っているのを、そっと応援することしかできません。


高3生も、中3生も、小6生も、全員がそうです。

もちろん、質問には応えますが、最後の数週間は、もう教えることなど何も残っていないのです。

塾の先生にとって、一番熱の入る、一番さみしい時期でもあります。



受験を控えている生徒には、戦うためのエールを。

卒業した生徒には、これからの更なる飛躍を祈ってのエールを。

教えることがなくなったからこそ、最後まで、精一杯応援し続けます。



頑張れよ、みんな。


感謝と激励をこめて

西野でした。
カウントダウンタイマー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決戦前夜 時事放談2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる