小学生の問い合わせ、増えてます。


日々好日


今年はチラシを入れておりません。

あ、念のため言っておきますが、、、


ケチってるからではありませんよ(苦笑)


ウチの塾では3月より新年度となっております。

で、各学年ともに先取り授業を行っております。(新年度を万全にスタートするため)


春期講習をしてもいいのですが、通常授業の充実を考えると、、、なかなか手が回りません。(;^_^A


と、いうことで泣く泣く春期講習を諦めたというわけです。


しかしながら、今までの単元を復習したい方もおいでになると思います。

その場合は個別に対応させていただいております。

まずは1回問い合わせください。

適切なご提案をいたしますので、よろしくお願いします。



さて、小学生の問い合わせが、今年は特に多いようです。

体験授業などを行う中で日本語の力が大きく不足していることをヒシヒシと感じます。


小学生で読解力の不足がある子は、当然、中学校でも詰まります。

中学生のほうが難しい文になるのは当たり前ですもんね。


読解力は一朝一夕につくものではありません。

小さいころからの積み重ねがそのままスキルに現れるものです。


では、改善するにはどうすればいいのか?


段階的に文を読み、その内容をまとめ、書く。(ないしは話す)

これを簡単なものからやっていかなければなりません。


時間もそこそこかかりますが、それをやらないで進むことは無理なのです。


小学生から動くことは良策です。

時間を多くとれますから。


算数(数学)にしても、理科にしても、社会にしても

さらに、中学に入ってからの英語にしても

問題は日本語で書かれています。



何をすればいいのか?

問題自体を理解できないと、正確に返答することはできないのも当然です。


学力の有無以前に、

「何を問われているのかを理解できているのか?」

これが大きなPOINTであることを知っていただければ幸いです。


日常生活の中で会話の中に違和感を覚えた方

ご相談ください。

こちらのページから日本語能力のチェックができます。



これは勉強以前の問題ですからね。



今日はこんな感じで



ではまた。(*・∀・)ノ゛





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック