バカの壁

「バカの壁」 養老孟司のベストセラーが発売されたのは、もう16年前のことだそうです。 当時、あまりにもセンセーショナルなタイトルが目を引き、何となく書店で手にとったことを思い出します。 あまり作者のことは存じ上げませんでしたが、 「何か頭の良さそうな人が、頭の悪そうなふりして、当たり前に大事なことを言っている…
コメント:0

続きを読むread more