嵐の予感


日々好日

来年から中学生の教科書が変わります。

で、ですよ、、、

中学生の英語の教科書にQRコードが採用され、本文の発音などの学習がしやすくなるとのこと。

なるほど。

これはイイコトですね。


ただ、各ご家庭でNET環境が異なることもあり、「時期尚早ではないか?」とも思っていましたが、

今回のコロナ騒動で政府のGIGAスクール構想が進み、生徒個人にタブレットの配布が早まるとのことで、

時期的にはウマイこといったようになるようです。w


さてさて、どんな先生よりもネイティブスピーカーのほうが発音がいいことは異論のないことでしょう。
※実際は各地の訛りがあるので、そうともいえないのですが、、、(苦笑)

「使える英語」を目指す政府や文科省の狙いに適合することは間違いないと思います。



その反面

とてつもなく恐ろしいことも起こりますよ。
o0210028014225707063.jpg


現時点で石川県の中学校で多数を占めているNEWHORIZON(中1)を例に挙げると、、、
index.jpg

最初に習うUNIT1(たった6ページ)の中に、be動詞・一般動詞・助動詞canの肯定・否定・疑問文が書かれています。

さらに、頻度を表す副詞( always、usually、often、sometimesなど)も出てくるし、さらには命令文が登場する。


たしかに、小学英語で過去形まで扱うことになっていますから、不思議ではないかもしれませんが

小学校の間には文法に触れないんですよ。

そんな状態でのコレ、、、

間違いなく、中1の最初のUNITで脱落者続出しますね。(T_T)


小学校のうちから基本的な文法をやってない子たちは、間違いなく沈没します。
unnamed.jpg

まぁ、UNIT1でかなりの時間をかけてくれればいいですよ。中学校の先生方が

でも、無理ですよね。


ですから


小学生お子さんをお持ちの保護者の皆様。

中学校に上がる前に「なにかしらの対策が不可欠である。」ことを認識ください。



こういうことを書くと、

「塾屋が脅して煽ってるだけだろ。」

なんて思われる方も少なくないでしょう。


いいんですよ、そう思っても。w

事の真贋は、来年の今頃にははっきりすることなので。(^_-)☆


これについてのご相談などもどんどんどーぞ。


ではまた。(*・∀・)ノ゛



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント