「自主性を持て」ってw



日々好日


教育に関するWEBサイトなどを見たりすることがあるんですが

「子供には自主性をもたせないといけない。」とか

「自主性を育む教育」とかよく目にします。


この自主性っていったい何なんでしょう?
f06f61d68bc9957266bc28cebf98e787.jpg

WEB広辞苑で調べると、、、

広辞苑に「自主性」で始まるの検索結果は見つかりません。(;^_^A

なので、「主体性」で検索してみました。

しゅたい‐せい【主体性】
主体的であること。また、そういう態度や性格であること。「―に欠ける」


・・・・・

主体的であることって、、、まんまじゃんよ。(`ε ´ )

仕方がないので、主体的を検索

しゅたい‐てき【主体的】
①ある活動や思考などをなす時、その主体となって働きかけるさま。他のものによって導かれるのでなく、自己の純粋な立場において行うさま。「―な判断」「―に行動する」


ほうほう。

求めているものに近づいた気がしますね。w



しかしですよ、、、

『他のものによって導かれるのでなく』ということであれば、

子供に自主性を持てと働きかけること自体が矛盾してるのではないかという
HOKO_tate-768x684.png
疑問がおこるわけですよ。


なにが言いたいかというと、

自主性は周囲が頑張って『持たせるもの』ではなく、

本人が必要に駆られて持つものだということです。


満たされた環境の中では、人は考えることを停止させる傾向があると思うのです。

だって、考えなくても満たされてるんだもん。(苦笑)

と、するならば

満たされていない環境こそ、必要なことではないかということになります。


子供には、敢えて不自由な環境を与えることが大切。
※程度はありますよ。なんでも極端過ぎるのはよろしくないです。


その中で「なんとかしなければならない。」と考えることが
68497_i.jpg

一番有益なことだと思います。


自分の子供がかわいい。

それは当然のことです。

でも、かわいいから甘やかすってのはイケマセン。

昔の人は言いました。

「かわいい子には旅をさせよ。」

敢えて厳しい環境下においてあげることも



だと思うのです。


厳しく鍛えるのなら

ご相談ください。( ^ω^ )



愛をもってお応えいたします。


ではまた。(*・∀・)ノ゛




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント