テスト勉強な日

日曜日は高校生の1日。

先週からぼちぼちと学校の期末テストが実施され始め、各高校の生徒らが必死にテスト勉強に取り組んでおります。

今日はいつもの日曜日メンバーに加え、授業日を変更してテスト対策に臨む生徒らも集まり、それぞれ和やかにテストに向けて励んでおりました。


開校時刻は13時30分。

テスト直前は部活動停止期間でもあるため、いつもよりも早い時刻から生徒が集まってきます。

15時を過ぎる頃には、ほとんどの座席が埋まり、それぞれ静かに勉強に励みます。


テスト前の授業は、ほぼ全ての生徒が学校の問題集等を使ってテスト勉強を行っております。

私はただただ生徒らの様子に目を配り、必要に応じて助け舟を出すだけです。

授業の開始時刻も決まっておらず、終了時刻も決まっておりません。

塾に着いたらすぐに勉強が始まり、それぞれの生徒が決めた終了時刻に勉強が終わります。

生徒らには、「最低2時間はやるように」というルールのようなものだけは伝えておりますが、そんなことを覚えている生徒もほとんどいないでしょう。

日曜日なんかは、みんな5時間くらい勉強するのが普通になっております。



そんな習慣がつくまでは、生徒が帰ろうとする素振りを見せたときに、

「なに!?一回帰ってまた来たいだと!?しょうがないなー、じゃあ荷物を置いたままで後で戻ってきてもいいぞー」

などと、何も言っていない生徒に再び戻ってくるように、と、おどけて見せたものです。

しかし、最近は、生徒の方から

「一回帰ってご飯食べて、また戻ってきますー」

と、言ってくれます。

私が何も言わずとも、自主的に長い時間勉強することを選択する生徒が増えてきました。



高校生らには、ずいぶんと彼らの自主性に任せた教室運営をさせてもらっております。

これは、彼らがしっかりしているからに他なりません。

みんながみんな、授業の時間以外は頑張らない、言われたことしかやらない、なんて姿勢だとしたら、私もこんな悠長にしてはいられません。

一人ひとりに、もっと細かく、あれもやれこれもやれ、と言わざるを得ません。

できれば、じゃなくて、絶対に、それは避けたい。



勉強なんて、誰かに指示されたことばかりをやっていて、楽しいわけがないからです。

大人でも、指示された仕事ばかりやっていて、楽しいわけがないのと同じです。

自分で決めて、自分で責任を負って、自分でやるから楽しいんだと思っています。



今日も、いつも通り8時間勉強して帰った生徒らがいます。

きっと、8時間もぶっ続けで授業を聞いていたら、たまらなく長い時間に感じるでしょう。

私だったら、絶対にイヤです。

誰かのペースに合わせて、自分を不要にコントロールしなきゃいけないのは、ストレス以外の何物でもありません。

もちろん、多少のストレスは絶対に必要ですから、むしろ積極的に受け入れたいものですけれど、過度のストレスは身体にも心にも良いわけがありませんから、それは拒絶したいということです。

誰かの話を聞き続けるのには、時間的な限界があります。

しかし、自分で決めたことなら、限度ラインは全然違います。

例えば、自習なら、8時間くらいあっという間です。



昨日の土曜日の夜は、中学3年生の授業の日。

「土曜日は13時30分から開いとるんやから、長い時間受験勉強した方がお得やよね♪」

なんて、やはり最初はおどけて見せていたものですが、徐々に授業前の早い時間に来校する生徒も増えてきました。

彼らにも、特に授業外の時間は、あれをやれこれをやれ、あれをやるなこれをやるな、とは、できるだけ言わないように努めています。

高校生と比べると、やはり経験が浅い分、こちらが口出しをする機会はあるのですが、できるだけ彼らの自主性を育めるように見守っております。

中学から高校に上がると、途端に自分で決めて自分で行動する機会が増えてきます。

指示待ち人間、中学四年生、などと揶揄されぬよう、今から徐々に慣らしていきたいものです。



仲の良い友人に、「うちの塾、土日は8時間くらい勉強する生徒もたくさんおるよー」なんて話を聞かせると、

「うえーーー、そんなに勉強ばっかするん!?大変やねー・・・ちょっとかわいそうやな・・・」

なんて言われたこともあります。

おそらく、長い時間勉強ばかりして

1images.jpg

こんな顔になっている子どもの様子を想像したんだと思います。


現実は、全く逆。

たくさん頑張った生徒の方が、充実感に満ち溢れた、生き生きとした表情で帰っていきます。

images.jpg


早いもので、もう2月もそろそろ終わりです。

受験を間近に控えた生徒、テスト真っ最中の生徒、それぞれの生徒一人ひとりの頑張りのおかげで、ほどよい緊張感に包まれた、良い空気が流れているのを感じます。

願わくばずっとこんな日々が続けばとも思うわけですが、やはり受験もテストも終えたときには、空気の質は変わってしまうものです。

もちろん、メンバーも。



今年の受験生とは、今年しか一緒に受験勉強できないのだから、一日一日を大事にして、全力で取り組もうと思っています。

残りわずかな貴重な時間を大事に、私も一緒に頑張らせてもらいます。

やはり、受験を終えたときに、充実感に満ち溢れた笑顔でいたいですからね。

残された時間を大切に、残された時間を価値のあるものにするように、日々過ごしていきましょう。

西野でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント