「風呂場椅子独り占め」の巻



今日は休日だったため、少し早めに出勤し、生徒らのテスト勉強に付き合っておりました。

すると突然、高校1年生のS君から意地悪な質問が飛んできます。

「先生ー、必須アミノ酸って9個全部知ってますー?」

う・・・。

化学っちゃあ化学ですが、残念ながら9個も覚えていません・・・。

天を仰いで記憶の引き出しを探ろうとするものの、

「だーーーーー分からん!」

すぐに諦めます。

知らないものは知らない。覚えていないものは覚えていない。

これはもう、敗北宣言をするしかありません。


しかし、過去に他の生徒とも同様のやり取りをした記憶が残っていたため、

「確か、いい覚え方があったのは覚えとる!今すぐ調べて見るし、ちょっと待っとれよーーー」

そう言い残し、すぐにPCで検索をかけます。

「必須アミノ酸 覚え方」

便利な世の中になったものです。

すぐに複数のページがヒットし、過去の記憶が鮮明に思い出されます。


したり顔で、S君のもとに戻ります。


「簡単やがな。『風呂場椅子独り占め』や!」


ホワイトボードに、カタカナの暗号を書き連ねます。


フ    フェニルアラニン
ロ    ロイシン
バ    バリン
イ    イソロイシン
ス    スレオニン
ヒ    ヒスチジン
ト    トリプトファン
リジ   リジン
メ    メチオニン


さも当然のような表情で、偉そうに9個の物質名を書き並べます。

「それ、いいっすねー」

S君も手ごたえありの様子。

まだ有機化学を触ったこともない高校1年生ですから、なじみのない名称ばかりです。

どうやら、今回の「家庭」のテスト範囲だそうです。



すかさず、質問に即答できなかった腹いせ(笑)とばかり、やり返します。


「よし、もう覚えたやろ。全部言ってみー!!」


ちょっと待ってください、早過ぎますよ、と笑いながら制止する声を振り払い、ホワイトボードに書いた文字を消し始めます。

少しの温情で、「フ、ロ、バ、イ、ス、ヒ、ト、リジ、メ」だけは残してあげます。


「(「フ」を指しながら)ほら、これは!?覚えたやろがい!!」

「フ、フ、フ・・・フェニルアラニン!!」

「はい、次!!」

「ロ、ロ、ロイシン!!」

また始まったよ、と苦笑しながらも、S君もちゃんと打ち返します。

「次!!最後まで全部言え!!」

「バリン、イソロイシン!!ス・・・スレオニン!ヒ・・・ヒスチジン!、、、そんで、、トリプトファン、リジン!!」



さすがS君。

覚えるのが速い速い。

クッソーと半ば本気で悔しがりながら(笑)、最後の「メチオニン」を待ちます。


「メ・・・・メ!?・・・メって何でしたっけ?・・・メチルアラニン!!いや、違うな(笑)」


ぶっぶー。「フェニルアラニン」に引きずられとるやんけ!と、爆笑しながら、「メチオニン」の確認。

それから何度か記憶力クイズのように確認しながら、私も一緒に9個をちゃんと言えるようになっておきました。

こういう暗記物は、楽しんだ方が記憶に残りやすいものです。



とても良い覚え方があったのは記憶の片隅に残っていましたが、果たしてそれを誰に教わったかは、ついに思い出せませんでした。

今年の高3生だった気がしましたが、後から来校したどの生徒らに聞いても、口々に「私じゃないですねー」との返答。

んーー。そうすると過去の卒塾生かーー、誰やったっけなーーー、、、あの子だった気もするし、また違う別の子だった気もする・・・。

やはり、人間の記憶というものは機械とは違って、不正確なものです。

実際、あのときも9個全部言えるようになったハズですが、今日の昼の段階では覚えていなかったわけですから。



9個の必須アミノ酸の名称を覚えたところで、将来何に役に立つかなど分かりません。

十中八九、何の役にも立ちません。

必要のない記憶から消えていくのであれば、今日の努力など真っ先に消えていくべきものだと言えましょう。



しかし、

「受験勉強、確かに大変やったけど、何かおもろかったな」

という記憶は、残してやりたいものです。

その記憶は曖昧であったとしても、価値のあるものになりますから。




今日も楽しい1日でございました。

家へ帰って、ダフトパンクでも聞いて寝るとします。

index.jpg

長年に渡ってミュージックシーンをリードしてきた彼らですが、ついに解散、活動休止を発表したようです。

少し残念な気もしますが、それよりもいつもワクワクさせてくれる音を届けてくれたことに感謝したいです。

彼らの音楽を聴くと、彼らの音楽に夢中になっていたあの頃を思い出し、すごく温かい気持ちになれます。



便利な世の中になりました。

記憶を引き出すための引き金になりうるものは、機械にたくさん詰まっています。

働き者の機械は、いつも、いつまでも、ちゃんと仕事をするでしょう。

あとは、引き出す価値のある思い出や経験を、人がどれだけ詰められるか、ですね。


Harderに、Betterに、Fasterに、まだまだ頑張っていきましょう。

西野でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント