ギガ


日々好日

皆様、『GIGAスクール構想』ってご存じでしょうか?
maxresdefault.jpg

・1人1台端末と、高速大容量の通信 ネットワー クを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め 、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、 公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育環境を実現する
・これ までの我が国の教育実践と最先端のICTのベストミックスを図ることにより、教師・児童生徒の力を最大限に引き出す。


んだそうですよ。


具体的には

2023年度までに義務教育段階にある小学1年生から中学3年生の児童生徒向け学習用端末を1人1台導入し、端末を同時接続しても不具合の起きない、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、資金面も補助するとしています。


とのこと。
2021021800013_1.jpg



なるほどなるほど。

確かに、ピッカピッカの小1生がでっかいランドセルに、教科書パンパンにつめている姿は可哀そうですからね。
index.jpg


重い教科書がタブレット1つで済むなら、いいかもしれませんね。


と、思ってたんですがね、、、

今年度から導入する学校での保護者への説明会で、こんな話があったそうな。(;^_^A

小学校「タブレットは国からの貸与品で壊したら実費修理もありえて6年間使ったものは回収して次の一年生が使います」
親「もう買わせてくれ」



記事内でもありますが、

小学生のタブレットは、国からの貸与品です

あまりにも悪質な破損は、実費で修理費を請求することがあります

6年間つかったものは、回収して次の一年生が使います。

って、、、


はじめの2行は理解できます。その通り!!

でも、最後の1行、、、

文科省のお役人様の頭がおかしいのか?

学校の先生の頭がイカレてるのか?


ですよ。


これだけスマホが出回っている現在で、

6年後に端末回収して、再利用するって


笑えない冗談としか思えません。(;^_^A



国がする構想に「あるある」のことではありますが、

「常識」すっ飛んでるんですよね。


考えは「悪い!!」とか「間違ってる!!」とはいいませんよ。

たまにはいいこともありますから。(苦笑)


でもね、、、

構想だけじゃダメでしょ。


タブレットなんかは単なる道具でしかないんです。

要は

「どのように活用するか。」大切なんです。


文科省の掲げる『新しい時代を見据えた学校教育の姿(2020年代を通じて実現を目指すイメージ)』に明記されているのは

変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え持続可能な社会の創り手として、予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成

とありますが、

文科省のお役人にこそ、必要なんじゃないかと思えます。


『GIGAスクール構想』

ほんのチョットだけ期待してたんです。

僕の危惧を裏切って、素晴らしい施策となることを。


でも、、、


安定のダメ企画になりそうです。(;^_^A


6年後の子供たちに使い古しの、型遅れの端末が回る前に

違う構想が動き出すことを祈ります。




ではまた。(*・∀・)ノ゛


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント